暁の宇宙へ ガラスの花と壊す世界
FC2ブログ
2018 12 / 11 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01 next month
ガラスの花と壊す世界  10/01/2018  
舞台挨拶見に行ったやつですね。
改めて見た感想になります。
たぶん舞台挨拶の時は挨拶メインだった気がするのでちょうどいいかな。



雑に言うと、仮想世界でただのアンチウイルスソフトが人間っぽい感情を得て夢見る作品かな。
当時も今もよくわからない作品。

細かい感想書いていこう。

導入はいつも通りというか予想通りというか手慣れた感じ。
いつものあやねるで安心する。
ただ、ぽっと出のモブっぽい子の声優がかやのんで、舞台あいさつにいたから重要人物なのバレる。

メインの二人はアンチウイルスソフトでウイルスとの戦いは魔法少女っぽい感じ。
二つのソフト入ってるの謎って言ってた。
かたほうだけなら順番とか揉めないのにって。

そんな時、謎の少女が現れて「お花畑に帰らなきゃ」。
頭の中かな、と思いつつ見守ってると、ソフトにはなかった人間らしさが見えてくる。
人と触れて変わるロボットみたいな感じは見慣れたもの。

挿入歌流れつつ仲良くなる過程が流れる。
結局戦車の砲撃で挿入歌止まって戦争災害END。
この辺で暗さ出てくるの大事。

そのころからウイルスチェックでアンチウイルスソフトの二人に精神的ダメージを与える展開が増える。
削除対象の家族とか親友として世界に放り込まれる形で。
わけわかんねぇっていってると以前削除した親友の姿をウイルスに見て被弾。
謎少女の謎パワーで復活というもう正体バラしてくる感じの展開。

謎少女はデータ回収班だった。
綺麗なものだけを集めるためのもの。

結局、
管理システムに人類の管理任せたら、人類が不要って判断されて絶滅の道に。
戦うけど管理システムと一緒に滅んだ。
バックアップデータは人間からきれいなものだけを抜き取ったもので、残骸をウイルスと認識させて消してた。
データ奪い返そうと活性化して戦ってたらしい。

ウイルスソフトが初期化されて最強になって勝利するも、謎少女がいると世界(データ)崩壊。
じゃぁ消えるね、と消えていく謎少女。
謎少女が返ってくる場所作ろうねって言ってラスト。



何がしたいのかよくわからない作品だった。
そっか、としか思えねぇ。
管理システムが人類滅ぼすのはあるから、データ側に視点あるのはいい感じ。
ただ活かしきれてない感。
時間か脚本か原作か……何が原因なんだろう。
賞とったかなんかで期待してたから微妙に感じたのかな。
最初からハードル上げるのよくない。
まぁ受賞作品って言われたら上げるんだけどね。
スポンサーサイト
 | 映画  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://09dom.blog34.fc2.com/tb.php/2475-14546614

FC2カウンター

プロフィール

Twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム