暁の宇宙へ F-4ファントム
FC2ブログ
2018 12 / 11 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01 next month
F-4ファントム  09/17/2018  
F4を解体する番組見た、アマゾンプライムで。
ドイツとアメリカでのF4の引退後のお話ですね。
交互に展開していく感じですが、方向性が違うのでさすがにわかりにくいということはなかった。

まずはドイツ編の感想。
ドイツではパーツ取りに解体していく。
解体作業見たかったしタイトルもこっちがメイン。
もう製造されていないから現役F4のパーツになる運命。
そのため性能試験も必要で、エンジンの試験には消防隊もやってきた。
唯一機体固定武装のバルカンは完全に破壊。
手違いで出回るとまずいので再利用せずに破壊してました。

一番危険なのはコクピットの座席。
脱出のために射出機能ついてるから、誤作動したら怪我ではすまない。
丁寧に外さないといけない。
順番に外していって試験して使えるのは再利用。
使えないのは廃棄していく……。
再利用組は現地で再試験して現役機に使われていく……。

たぶんさ、バラされていくF4を見たいって思った人は期待外れになる気がする。
人間の方にもしっかり重点あるし、バラされた後のF4本体も割とがっつりしてて機械機械してない感じだった。
正直期待外れではあったが、それなりに楽しめました。
固まったボルト外すとこが一番好きです。


さて、ここからアメリカ編の感想。
「エンジン100万ドルくらいするから貴重だよ」とか言ってるドイツとは違って、250万ドルかけて無人機にして新型ミサイルの標的にします。
さすがアメリカ、金の量がちげぇ。
ミサイルの標的にしても3~5回は生き残るらしい。
帰還も遠隔だから大変らしい。
「ハネをかすめたら帰還できないし撃墜できる」って語ってたパイロット好き。
殺される危険なく撃墜シーンが見られるんだし楽しいんだろうな。
センサーやらいっぱい金かけた無人機も、いい感じに当たって自爆して終了。
改造に重点おいてほしかったぞ。


なんだかんだ楽しめたのでF4探しにおもちゃ屋行ったら置いてなかった。
売り場縮小してるから仕方ないね。
スポンサーサイト
 | 日記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://09dom.blog34.fc2.com/tb.php/2461-0761a25a

FC2カウンター

プロフィール

Twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム